modules

moduleコマンドを用いてgcc,mpi,cudaのバージョンを切り替えられるようにしています.
ソフトウェア バージョン
gcc 4.8.5
5.4.0
6.3.0
7.3.0
8.1.0
mpi (mpich) 3.0
3.2
CUDA 8.0
9.0
9.1
9.2
10.0

moduleコマンド

  • 利用可能なモジュール一覧を表示
    $ module avail
  • モジュールをロード
    $ module load module_name
  • モジュールをアンロード
    $ module unload module_name

job scheduler

ジョブスケジューラを用いることで効率的に計算リソースを利用することができます.
rekiではオープンソースのリソースマネージャであるTORQUEを採用しています.

ジョブあれこれ

  • ジョブを投入
    $ qsub [jobscript name]
  • ジョブの取り消し
    $ qdel [jobID]
  • ジョブの実行状況の確認
    $ qstat